自己破産と任意整理

任意整理との違い

借金に困った際に、すぐに自己破産を考えるという方も多いかも知れません。 しかし、自己破産は審査が厳しいもので、全ての人が免責を受けれる わけではありません。

まず借金に困った際は、任意整理を考えましょう。 任意整理は弁護士や司法書士が間に入った状態で 債権者と直接の話し合いにより、借金を解決の方向に向かわせるので すぐに自己破産ではなく、まず任意整理を。


司法書士の債務整理

債務整理をしようとお考えの方、まずは、弁護士か司法書士にご相談してください。総額が140万円以下の場合は、司法書士事務所で対応できますし、相談も無料で便利です。

司法書士が扱える債務整理は、任意整理、個人再生、民事再生と自己破産です。

この中で個人再生と民事再生については、比較的新しい債務整理方法です。特にマイホームのある方で、住宅ローンを維持しながら、他のローンを圧縮して一定期間に返金するもので、継続収入があることが必須条件ですが、自己破産のような職業の規制もなく、ギャンブルなどによる借金でも適用されます。

また他の財産の没収もなく、比較的緩やかです。民事再生は主に法人、個人再生は文字通り個人に適用されます。もしマイホームをお持ちでしたら、家を手放さずに借金返済が可能なこの方法をお勧めします。