自己破産の正しい知識と手続きの進め方

借金とは

「借金」とは、文字通り「金銭を借りること」または「借りた金銭」のことであり、「負債」の類義語として扱われます。
以下にWikipediaより抜粋した「負債」の説明を記載します。


借金整理の方法

借金を整理する方法には、大きく分けて下記の4つの方法になります。


過払い請求を行う際のいろんなケース

どんな時でもスムーズに過払い請求を行う事ができるかと言えば、必ずしもそうだとは言いきる事ができない様です。消費者金融が過払い請求に応じない事もあれば、訴訟問題にまで発展してしまうケースもあるようです。また、経営不振などで会社が倒産してしまうなどという場合にも過払い金を回収する事ができなくなってしまいます。

これらのケースに対して、弁護士や司法書士はできるだけいい解決方法を提案してくれる事でしょう。全額返済する事が難しい場合には、少しでも多くの過払い金を取り戻そうとしてくれる事でしょう。

できるだけ早めに過払い請求を依頼する事で、問題は解決しやすくなるのではないでしょうか。




税理士になるには。税理士試験について。

交通事故は弁護士相談〜一人で悩まず早期解決を目指そう http://www.shikoh.org/

過払いがあると感じたら司法書士に連絡を! http://www.theseerpress.com/

自己破産やその他債務整理の情報

社会は様々な問題を抱えています。その中でも、近年になり、様々なものの値段が高騰していき、また消費税も上がっていくのではないかと、巷では騒がれています。現実にそうなっていけば、格差社会は避けられないのではないでしょうか。

この差が現実味を帯びていくように、現在日本には300万人近い、多重債務者がいると言われています。そしてその数は年々増加傾向にあります。またその中には、借金苦のため、自殺や夜逃げに追い込まれている人や、ストレスから何の関係もない人たちを傷つけてしまうという問題を抱えています。

もちろん借金を抱えてしまうことは、その人に落ち度があると考えられる部分もありますが、業者側にも問題がある場合もあります。そういった場合は、法律で何とかする方法があります。このサイトでは、自己破産やその他債務整理の情報を発信していきます。


早く取り戻したい人の過払い請求

とにかく生活に困っているなどの理由で少しでも早く過払い請求を行って、取り戻したいという人もいるでしょう。返済を行っている最中の人や、返済が終了して間もない人というのは生活にまだ余裕がない事もある様です。

そんな時に過払い請求を行って、戻ってきたお金を生活の足しにしたいと考える人もいる様ですね。過払い請求は一般的に手続きを終えた後すぐにお金が戻って来るというのではなく、数ヶ月程度後に支払われる事もあります。

また、自分で行っても相手にしてもらえないとなれば、結局取り戻すために専門家に相談しないといけないという事もある様です。

余裕を持って早めに手続きを行う様にしましょう。

反省を今後に活かしたい個人再生

どこか自分のお金の扱いに問題があったために個人再生になってしまったという人はきっと多いのではないかと思います。もし、個人再生をしてしまったのであれば後戻りする事はできません。ですので、過去の事ばかり考えるのではなく、個人再生をした後の今後の事について考える様にしたいですね。

個人再生をできるだけ前向きに捉える様な努力をしたいですね。そして、個人再生になった背景にある自分の問題点をしっかりと受け止める様にしたいですね。

また収支のバランスを考えた上で生活できる様なプランは弁護士などが相談に乗ってくれる事もある様です。どうすればいいか分からない人は、相談してアドバイスをもらいたいですね。

自己破産などの債務整理が個人情報に影響を与える

自己破産など債務整理の手続きを踏むと、今使っているクレジットカードも、利用できなくなることがあります。クレジットカードが利用できるかどうかの審査の基準となる個人情報を管理している信用情報機関には、JICCと呼ばれる株式会社日本信用情報機構と、株式会社シー・アイ・シー、KSCと呼ばれる全国銀行個人信用情報センターがあります。

JICCで管理している個人情報に自己破産の手続きは5年間、個人再生の手続きは5年間、任意整理の手続きは5年間債務整理の手続きを踏んだ事故情報として個人情報に残されることになります。

司法書士に自己破産相談を行うデメリットとは

司法書士に自己破産相談を行うことには、基本的にはデメリットはありません。相談をするだけならば、無料で受けてくれる大阪の法律事務所も多いです。まずは気軽に相談をしてみましょう。

司法書士の場合、地方裁判所での代理人になることはできません。自己破産は地方裁判所の管轄となりますので、基本的には自分で手続きをしなければならなくなることがデメリットとなるでしょう。弁護士に依頼をすれば、裁判への出頭などもすべて代理人としてやってくれます。依頼人は基本的になにもしなくてもよく、結果を待っているだけになるので、弁護士に依頼をするのが一番手間がかかりません。ただし、免責審尋を受ける時に1回だけ裁判所に出頭をする必要があります。

逆に、弁護士に依頼をした場合に比べて費用が節約できるというのがメリットになります。自己破産では、ほとんどの場合に同時廃止になりますので、その場合には自分で手続きをしても、それほどの手間はかかりません。もしも管財事件となった場合には、弁護士に依頼をすることのメリットが大きくなるでしょう。ケースバイケースですので、まずは相談を受けてみて、同時廃止になるのか、管財事件となるのかだけでも確認をしておきましょう。